人生の最後の式典の葬式について

誰しもが経験をする「死」。
亡くなった後は、その人をお見送りするために葬式をします。
私は先日近親者が無くなり、葬式を行う状況になりました。しかし、突然のことと始めてだったこともあり、とても戸惑い、本当に亡くなった人にとって良い葬式になったのか疑問でした。
大勢の方に最後を見送って欲しいのか、近親者のみで見送るのか、そこで葬式を行いたいかなどは事前に聞いておくべきだったと後になって後悔しています。誰もが、亡くなった後どのように見送って欲しいのかという希望は存在すると思います。私は、近親者のみで最後には自分が好きな曲を流してもらい最後を迎えたいという希望があります。その人の人生の最後を締めくくるために、どのようにされたいかは聞いておく必要があると思いました。特に自身の親や大切なパートナーなどに聞きづらいですが、聞いておくのが重要だと思いました。
今は、生前葬など様々な形のお葬式があるのでそれらも検討にいれると尚、良いでしょう。

生前葬とは、その名の通り、行きているうちに葬儀を執り行うことです。主役本人が関わることができるため、「こうしたい」という思いが反映された葬儀ができるのです。
そして、参列者に、本人が直接感謝の気持ちを伝えることができるのです。確かに、亡くなってからは感謝の言葉を述べられないですよね。それを元気なときに行うものなのです。
 近年、「終活」という言葉をよく聞く機会が増えた方も多いのではないでしょうか。あなたも、自分の「終わり」について考えてみてはいかがでしょうか。

<PR>工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / ショッピングカート / 貯蓄 /